MENU

看護ルーの助産師求人は?

不足しているといわれる助産師。

 

求人情報は多そうですが、いざ就職してみたら激務すぎて体をこわしてしまった……、そんなケースも多いようです。

 

体が資本。激務に打ちのめされているなら、体調を崩してしまう前に転職をして助産師さんとしてのお仕事をムリなく続けられるようにできたらいいですよね?

 

そこでおすすめなのが看護ルーの転職サポートです。

 

看護ルーなら、給与などの条件だけでなく、病院の実際の忙しさや人間関係などの情報も教えてもらえるので、働きやすく、続けやすい転職先が見つかりやすいでしょう。

 

体をこわすことなく、また、精神的にも楽に働ける助産師さんの転職先を見つけましょう。

 

ところで、看護ルーは看護師専門の転職サポートサイトとして有名ですよね?助産師さんの求人状況はどうなのでしょう?

 

転職を検討中の助産師さんにとっては気になるところのはず。では早速みていきましょう。

 

希望に近い助産師求人がみつかりやすい

 

看護ルーは看護師さん専用の転職サポートサイトですが、助産師さんの求人情報も取り扱っています。

 

主に都市部に限定して病院やクリニックを紹介していることもあり、全国をカバーしている求人情報サイトとちがって1件1件の内容が濃いのが特徴です。

 

内容が濃いとはいったいどういうことかというと、求人量は膨大というわけではないのですが、条件の良い仕事が見つかりやすいということです。

 

また、給与など条件のみの、表面的な情報だけでなく、職場の雰囲気や実際の忙しさ、残業の平均時間など、実際の職場の状況も調査済みなのが特徴。

 

また、「夜勤のみ」や「日勤のみ」という条件に絞って求人情報を紹介してもらうこともできます。

 

自分の体調のことも考えて、希望条件ははっきりとコンサルタントに伝えましょう。

 

助産師さんの転職理由で一番多いのが、「忙しすぎる」、「人間関係が劣悪」などです。

 

看護ルーでの転職なら、こうしたことは前もって教えてもらえるので、就職してみたら思っていたのとちがった、とか、転職したけど問題は解決されなかった、などといった状況を避けられますね。

 

転職を検討中の助産師さんにとっては、職場の内部事情など、そこのところこそ知りたいことなのではないでしょうか?

 

働きやすい転職先を見つけて、助産師さんとしてのキャリアを積んでいきたいものですね。

 

そのために、看護ルーの転職サポートサイトを役立てましょう。

 

助産師さんの仕事を見つけるときの注意点は?

助産師さんの求人情報は比較的多く、それに対して助産師さんが不足気味。たいへん必要とされている資格であるといえます。

 

ただ、上記でも少し触れたように、助産師さんの仕事は決して簡単ではなく、夜昼常に忙しいので激務に耐えきれずすぐに退職してしまうケースが多いのだとか……。
そのこともあってか、助産師さんで一番多い年齢層は20代。年齢が上がるにつれて助産師さんを続ける人は少なくなっています。

 

とはいえ、助産師さん全体の平均年齢は45.5歳。大半は20代でやめてしまうものの、40代、50代まで現役でキャリアを積んでいるベテラン助産師さんが多いのも事実です。

 

助産師さんとしての仕事をつづけ、ベテラン助産師さんとして活躍している人の特徴を調べたら、上手な転職探しのヒントが見つかるかもしれませんね。

 

助産師さんは体力が勝負。忙しいお仕事なので、バランスの良い食生活を心がけ、スタミナをつけておきたいですね。

 

それと同時に、気持ちよく働ける職場を見つけることがカギ。

 

もしもできるなら、面接申し込み前に病院に足を運び、職場環境を偵察しておくのもためになるかもしれません。

 

先ほども触れましたが、看護ルーなら職場環境まで調査して教えてくれるので、その点も役立ちます。

 

助産師ってやりがいがある?

助産師の仕事は、出産に立ち会って赤ちゃんを取り上げること。

 

生命の誕生そのものに直接かかわる仕事なので、やりがいは十分に実感できることでしょう。

 

助産師の仕事は出産に立ち会うことだけではありません。

 

妊婦さんの健康管理、食事や運動の指導などもおこないます。さらに、出産後の体調管理や母乳指導、乳児指導などもおこないます。

 

一般に助産師さんというと「出産に立ち会う」、というイメージがありますが、実際には出産前後の母子のケアなど、幅広い方面での指導が含まれるんですね。

 

出産は母体に大きな影響を与えるだけでなく、メンタル面でのサポートも必要になります。

 

激務ではありますが、お母さんになる人の身になって考え、不安を取り除いてあげられるような優しさも大切。

 

助産師さんに求められることは大きいといえます。

 

また、助産師という資格の大きさについて分るのが、助産師さんは自分のクリニックを開設することができるということ。

 

妊婦さんの状態がよく、正常分娩であれば、助産師さんは医師に指示を仰ぐことなく自分で判断し、妊婦さんの出産を助けることができます。

 

助産師さんは、キャリアアップが期待できる、たいへんやりがいのある仕事です。

 

助産師さんの資格って人気ある?

 

助産師さんにまつわる現状として、全国に助産師養成学校が少ないこともあり、助産師さんになる人が少なく、不足気味。

 

毎年就職する助産師さんは多くても長続きしないケースが多く、やはり社会に求められている資格だといえます。

 

一方で、少子化が年々深刻になっていることを受け、産婦人科が減少し、今後助産師さんが働く場が少なくなるのではないか、との懸念の声もあります。

 

その懸念が助産師さんの資格をとる人の減少に輪をかけ、現状としてはやはり助産師さん不足となっています。

 

社会に求められている助産師さん。

 

その資格をとるのは決して簡単なことではありません。助産師さんの資格をとるためには、まず看護師の資格をとる必要があります。

 

一般に、助産師さんになるには以下のような経緯をたどります。

 

まず看護専門学校か看護系の短大を卒業し、看護師国家試験に合格したら、助産師養成学校で1年以上勉強し、助産師国家試験を受けます。

 

それに合格してはじめて助産師となることができます。

 

4年制の看護大学や一部の専門学校では、看護師養成課程の中に助産師養成のための課程が含まれているところもあり、それを受けているなら助産師養成学校での勉強は必要なくなります。

 

……それにしても、助産師さんになるためには看護師の資格を含めて取らなければならないので、決して簡単なことだとは言えませんね。

 

中にはしばらく看護師さんとして働き、キャリアを積んでからキャリアアップとして助産師さんの資格をとるケースもあるようです。

 

給料は、女性看護師の平均年収が473万円であるのに対し、助産師の平均年収は560万円。

 

助産師さんの年収は看護師よりも100万円近くも上がるので、効率よく稼ぎたいなら確かに魅力的な資格だといえます。

 

その分責任も重くなるといえますが。

 

助産師さんは社会に必要とされ、現状は不足している状態です。

 

なので、求人情報は比較的見つかりやすいはず。でも、条件だけをみて適当に選んでしまうと、思いがけない激務に体調を壊してしまうことも……。

 

そんなことを避けるためにも、助産師さんの転職活動には看護ルーをフル活用し、事前に職場の忙しさなどの状況を調査しておきたいですね。

 

できるだけ長く続けられるように、働きやすい転職先を見つけたいものです。

 

看護ルーの登録は簡単で、しかも無料で利用できるので、さっそく登録しておきましょう。